緊急性が高いトイレの水漏れは早期解決が必要

緊急性が高いトイレの水漏れは早期解決が必要 水漏れとつまりは代表的なトイレトラブルです。便器が詰まって流れない場合や床が水浸しになるほどの水が漏れている場合には使えなくなってしまうため、すぐに対処する人が多いでしょう。一方、何となく水の流れが悪い、給水管からポタポタと水が垂れているなど使える程度のトラブルは、対処がついつい後回しになりがちです。
温水洗浄便座が一般的になり、近年では浄化や節水などの機能に優れた便器も登場しています。便器の高機能化もトラブルが増えている原因のひとつです。トイレットペーパーが詰まった場合など時間が経てば解決するトラブルもありますが、水漏れは自然に直ることはありません。見つけたらすぐに対処することが大切です。

■トイレは水漏れが起こりやすい

水回りの中でも、トイレには水が漏れやすい条件が揃っています。タンクの中には常に一定量の水が蓄えられており、水を流すための部品や、自動的に給水するための部品が入っています。これらの部品が劣化、故障した場合には、水が漏れる可能性が高いです。
タンクに次いで多いのが、温水洗浄便座から水が漏れるケースです。本体だけでなく、本体と給水ホースのつなぎ目やノズルから水が漏れることもあります。タンクに水を通すための給水管もトラブルが発生しやすい場所のひとつです。ナットやネジの緩みなど接合部分からの水が漏れることが多く、修理の際に水を止めるための止水栓から水が漏れるケースも見られます。さらに、便器と床の設置部分から水が漏れることもあるため注意が必要です。

■トイレの水漏れは緊急事態
ご家庭にトイレが一カ所だけの場合には、水漏れで使えなくなると日常生活に支障をきたします。使えないほどではなくても、放置すればさらなる被害が生じる可能性が高いため注意する必要があります。便器の中にチョロチョロと水が流れている場合でも、水道料金は確実にかかっています。レバーが壊れて水が流れっ放しになった場合には、短時間でも驚くほど水道料金が上がってしまうことも少なくありません。
床に水がたまっている場合など、水が漏れている場所によってはカビの発生や建材の腐食などの二次被害が発生する可能性もあります。給水管から水が漏れている場合はもちろん、汚水が漏れている場合には衛生面での問題も無視できません。2階以上の場合には階下に被害が及び、集合住宅では近隣トラブルに発展するケースもあり得ます。水漏れは経済的にも精神的にも大きな被害に繋がりかねないまさに緊急事態だと言っても過言ではないでしょう。

■早期解決の方法

トイレの水漏れを解決する方法は、自分で直す方法と業者に依頼する方法の大きく2つにわけることができます。給水管の接合部分が緩んでいる場合など、水漏れの原因や場所によっては自分で直すことも可能です。自分で直せれば、業者に依頼するよりも早く、安く解決することができます。
原因や場所が特定できない場合や自分で直すことが難しい場合には、業者に頼むほかありません。素人判断は危険なことも多いので、点検をかねて業者に来てもらうのもよいでしょう。水漏れは部品の劣化が原因のことが多いですが、部品が手に入れば修理が可能です。設置から年数が経っており部品が手に入らないときは、トイレの交換が必要になります。トイレの交換は、水漏れの最も効果的で確実な解決法です。

■まとめ
トイレのトラブルは突然起こることも多いものです。深夜はもちろん、年末年始やお盆休みなど長期休暇に起きた場合でも、対応してくれる業者は見つかります。諦めずに探してみることが大切です。
トラブルのレベルによっては、すぐに対応して欲しいこともあるでしょう。深夜や早朝対応は、割増料金がかかることもあります。対応の可否だけでなく、割増料金などについても必ず確認しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース